美希デンタルクリニック
MRC(筋機能矯正)について

MRC(筋機能矯正)とは、マウスピース型の筋機能矯正装置(T4K・マイオブレイス)を使用して、お口の周りの筋肉を鍛えることで、お子様の不正咬合を治す治療方法です。
※下顎前突(受け口)の方には、パナシールド・ムーシールド・プレオルソも取り扱っています。

筋機能矯正装置(T4K)とは

上顎前突・過蓋咬合の症例に適応されます。
「筋機能矯正装置」を装着することにより、口の周りの筋肉の状態を改善します。

もっと知ろう!筋機能矯正装置・T4K

筋機能矯正装置(T4K)とは、お子様の歯が乳歯から永久歯へと生え変わる時期(混合歯列期)に使用するマウスピースタイプの矯正器具です。取り外しが出来る器具ですので、お子様への負担感も少なく済みます!
(混合歯列期とは具体的に6歳~12歳のお子様です。)

筋機能矯正装置(T4K)イメージ
T4Kで何が良くなるの?

口元の締まりがゆるく口での呼吸が続いている「口呼吸」の方の割合は非常に多いと言われていますが、小学生以下のお子様になると、その割合は更に上昇するそうです。
T4Kトレーナーを使うことで、顔面の歪みや舌の位置を正しい状態に導くことで気道が広がり、正しい呼吸状態、つまり口呼吸から鼻呼吸へと促されます。
鼻呼吸へと変わることで、睡眠の質が格段に向上し、集中力も向上するといったメリットがあります。
口呼吸や、正しくない飲み込み、舌の位置等に異常があれば、混合歯列期の歯並びに悪い影響を及ぼしますので、その改善は大変重要です。

筋機能矯正装置(T4K)の目指すところは…
・美しい顔貌
・顎や口周辺の筋肉の正しい発育
・口呼吸から鼻呼吸への促進
・全身のバランスのとれた正しい姿勢

良い歯並びへの近道は、正しい呼吸や口の周りの筋肉を正しく鍛えて、機能させることといっても間違いではありません。筋機能矯正装置(T4K)を用いることで、お子様の下顎骨を正しい位置へと誘導し、呼吸や口周りのバランスを正常にします

筋機能矯正装置の特徴

筋機能矯正装置

前部は矯正用ワイヤーと同じような機能をもつように成形されています。

  • ① トゥースチャンネル
  • ② ラビアルバウ:前歯に軽度の力を加えます。
  • ③ タンタグ:筋機能法やスピーチ療法のように舌の位置を是正します。
  • ④ タンガード:舌の突き出しを防ぎ、鼻を通して呼吸するようにします。
  • ⑤ リップバンパー:唇の筋肉の過剰な動きを抑えます。
  • ⑥ 翼状ベース:正しい顎の成長を促します。

種類による効果の違い

  • ソフトタイプ1:悪い癖の除去
  • ソフトタイプ2:悪い癖の除去&歯並びの改善
  • ハードタイプ :かみあわせの改善
筋機能矯正装置(T4K)イメージ

美希デンタルクリニック
筋機能矯正装置の取り扱い方

  • 毎日、日中1~2時間と就寝時に使用してください!
  • 使用後は流水ですすぎ、容器にもどしましょう!
  • ※装置洗浄剤も販売しております。1箱950円(12回分)

STEP1

STEP1イメージ

タンタグを上に向けて「筋機能矯正装置」を持ってください。

STEP2

STEP2イメージ

「筋機能矯正装置」を口に入れてください。

STEP3

STEP3イメージ

舌をタンタグに触れるようにしてください。

STEP4

STEP4イメージ

「筋機能矯正装置」を入れたまま口を閉じ、顎と前歯に加わる力を感じてください。この「力」によって、顎が前へ誘導されます。

STEP5

STEP5イメージ

口を閉じて鼻で呼吸をしてください。

筋機能矯正装置(T4K)とは

正しく使えて初めて効果を発揮します
~筋機能矯正装置はトレーニングすれば正しく装着出来ます!~

T4K等の筋機能矯正装置を使用中のお子様のご両親によくある悩みとして、「子供が装置を入れたがらない!」「歯科医院で装置をもらったがあまり使い方をわかっていない」があります。
美希デンタルクリニックでは、多くの症例に基づくノウハウがあり、お子様が必ずT4Kを装着できるようなコツをトレーニングを通じて身に着けるように致します。
しっかりと装着できるようになるまで、装置の貸し出しや上手くいかなかった時の全額返金保証を付け、万全の体制でご両親の心配を解決します。
筋機能矯正は小さなお子様ほど良い結果が出やすく、通常の矯正治療に比べてトータルの出費を抑える事が可能です。ピアノの練習のように、良い製品を質の高いトレーナーが指導をする事ですばらしい効果が期待できますので、是非医院でのトレーニングをお勧め致します。

  • 最初は、前歯に若干痛みを感じやすくなります。痛みがひどい場合には、装着時間を減らし、痛みが治まったら、通常通り使用して下さい。
  • 舌の突き出しや口呼吸により、「筋機能矯正装置」を外したくなることがあります。
    そのような場合は、舌や呼吸法、全身のバランスを整えるトレーニングも同時におすすめ致します。(各25分 3,240円)
  • ※「筋機能矯正装置」をお口に入れた状態で、唾液(ツバ)を飲み込める状態が正常です。
  • 口を閉じることで、「筋機能矯正装置」の効果が発揮されます。
    ※使用していない時間も、口は閉じ、タンタグ付近に舌をおき、鼻で呼吸しましょう。
  • 治療の初めは、寝ている間に「筋機能矯正装置」が外れてしまうことが多いです。
    夜間の使用が困難な場合は、日中の使用時間を増やしてください。
こんな症状ありませんか? お子様にこのような症状があれば、最善策を一緒に考えましょう
こんな症状ありませんか?
お子様にこのような症状があれば、最善策を一緒に考えましょう
  • 鼻炎や喘息がある
  • 口をぽかんと開けている時が多い
  • 注意しても悪い姿勢が治らない
  • 前歯の間に虫歯がある
  • いびきをかいて寝ている
  • 乳歯列なのに歯の間に隙間が無い
  • 歯ぎしりをして寝ている
  • 受け口だ
  • 笑った時に上の歯ぐきが見える