> > 子供のマウスピース矯正~筋機能矯正装置(T4K)~

子供のマウスピース矯正~筋機能矯正装置(T4K)~

★IMG_2238.JPG5656.jpg皆様こんにちは。衛生士の伊東です。
秋も少しずつ深まり、まもなく紅葉シーズンを迎えますね

私は先日、ひと足早くに御在所岳に登ってまいりました!
さすがにまだ紅葉は見られませんでしたが、久しぶりにマイナスイオンたっぷりの大自然を満喫することができました(*'▽')
広大な海や壮大な山を目の前にすると、本当に心が洗われるかのようです...。
皆様も、それぞれの秋をどうぞ素敵にお過ごしくださいね。

さて、今月は、少し前からスタートさせていただきました、次女の矯正治療について書かせていただきたいと思います。
現在小学校4年生の娘ですが、下顎がやや小さめで、永久歯が綺麗に並ぶスペースが確保できておりません...。
私自身、もっと早くに美希デンタルクリニックと出会っていたなら... きっとこんなことにはなっていなかっただろうと残念です。

永久歯の生えるスペース不足=顎の発育不足ですが、小さい頃から正しくしっかりと噛む力を身に付け、正しい姿勢や正しい呼吸を獲得できていれば、顎はきちんと成長しますので、きれいな歯並びを自然に手に入れることができるのです。
でも、恥ずかしながら、娘の幼少期に私自身がそこまでの知識を持っていなかったために、娘にはこうやって矯正治療により歯並びを治すことになってしまいました。

当院では、基本的には歯を抜かない方法、主に床矯正による矯正治療を行っておりますが、院長が最近注目されている最新の矯正治療である筋機能矯正装置(T4K)を使って、娘の矯正を開始することになりました。
★IMG_1815.JPG5656.jpgこの筋機能矯正装置とは、簡単に説明しますと、弾力性のあるマウスピースのようなもので、基本的には就寝中に装着し、あとは日中の可能な時間帯にも出来る限り長く装着できると、より効果が期待されるというものです。
過蓋咬合や軽度の顎の成長不足などが、この筋機能矯正装置の適応症になるのですが、装置を装着することによって、口の周りの筋肉の状態を改善しながら舌の位置も是正し、さらには鼻呼吸を促し、正しい顎の成長につなげていくというものです。
筋機能矯正装置には、T4K、マイオブレース、プレオルソ、ムーシールド、パナシールドなどがあります。

床矯正は、装置を使って力を加えながら強制的に顎を広げていくのに対し、T4Kは筋機能を改善していく中で、自ら力で正しい顎の成長を促すというものです。
この方法で矯正治療が成功すれば、後戻りはほとんど心配ないのではないかと思います。
ここが筋機能矯正装置の最大の魅力かもしれませんね。

娘が治療を始めてからまだひと月ほどですが、日中の装着時間がまだまだ足りないなあと感じているのが現状です。
取り外しできる装置ですので、本人の自覚がないとどうしても装着時間が短くなりがちです。

口輪筋(口の周りの筋肉)を鍛えるためのトレーニングは努力の成果が早くに現れてきましたが、正しい姿勢を意識し、装置をもっと長時間きちんと使用することが今後の課題です...。
筋機能矯正装置は、治療の段階別に装置の硬さをより硬いものへと交換しながら進めていきますので、次のステップへ移れるようにもっと頑張らなければなりません(^-^;

当院のお客様でも、この筋機能矯正装置を使った治療を始められる方が少しずつ増えていらっしゃいました。
方式は違いますが床矯正と並ぶ理想的な矯正治療ができることでしょう。

娘の治療を通して、私もまだまだ学ぶべきことはたくさんありますが、親子二人三脚で治療が成功するように歩んでいきたいと思います。
この最新の筋機能矯正装置を使った治療にご興味を持たれた方は、是非、当院の矯正治療無料カウンセリングにお越しくださいませ。

衛生士 伊東奈美

contact.PNG

 

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

 

(その2)装置を入れて3ヶ月がたちました!子供のマウスピース矯正~筋機能矯正装置(T4K)~

岡山県岡山市にあります船橋歯科医院より、船橋先生を、お招き致しまして講義をおこなって頂きました。ijdjdkdlmage.jpg

内容は、矯正治療で当院が取り組んでいるT4K(マイオブレースmyobrace)」という装置についての勉強です。


T4Kって何?と思う方がたくさんいらっしっると思いますが、お口のまわりの筋肉を正しく成長させて、機能を回復させる装置です。
当院では「筋機能装置」と呼んでいます、
機能?と、更に疑問がでてきますよね?
お口は、歯の役割、舌の役割、唇の役割、そしてお口のまわりの筋肉、口輪筋といった様々な機能が合わさり、それらが全て正しく機能することで、ようやく正しいお顔に発育するのです。

666image.jpg66.jpg

つまり、歯並びに何かしら症状があるか方は機能にも問題があると考えられます。

この機能をきちんと改善しておかないと、せっかく並んだ歯並びも後戻りの可能性が高くなったり、将来顎が痛くなったりなどと、様々な症状を引き起こす可能性が高くなります。
当院では、歯を並べるにあたって顎のスペース不足を成長させる床矯正装置や、歯を並べるマルチブラケットで皆様の歯並びを治療して悩みを改善しております。
しかし、それだけでは機能まで正しくできない症状もあり、T4K装置も取り扱っております。


★DSC00002(22).JPG565.jpg

そのためには、まず私達が知識をきちんと習得しなくては、よい物も提供できませんので、院長のご厚意でセミナーを開催してくださったのです。
まず前半は、装置の種類や使い方についてお話ししてくださりました。
後半は、色んな症例を見せていただきながら、正しい機能にするために装置以外に必要な事や、トレーニングの種類を船橋先生の医院で実際に行っていらっしゃるトレーニングを教えてくださりました。
さて、トレーニングの種類とありましたが、お口のまわりの機能を正しくするには装置だけではなく日常のトレーニングが必要なのです。
筋肉を発育させるので、やはり筋トレは必要ですよね。
また、お口のまわりの機能低下は、身体全体のちょっとした癖が引き起こしています。
その癖を改善しなければ、歯並びはもちろん、口のまわりの機能や身体全体の機能も低下したままです。
当院でも筋機能装置(T4K)で治療される方には、必ずトレーニングをお受けいただいております。
最低3回はお受けいただき、トレーニング内容を習得してもらいます。
そして、自宅でもしっかり自主トレを行っていただくのです。

日常の身体全体の癖がお口の機能に大きく関わっています。
普段からの意識が大事なのです。
こういったトレーニングの新しい方法を教えていただき、実際にスタッフ同士で実践してみました。

45646image.jpg99.jpg

 

 

 

 

実際に当院でも行っているトレーニングを簡単に紹介しますね。
・あいうべ体操
http://www.miki-dental.jp/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-718.html
・ガムトレーニング
・ポッピング
・木べら体操
・姿勢トレーニング(立った姿勢、座った姿勢、寝姿勢)
http://www.miki-dental.jp/miki-dental-staff-voice/2013/11/post-743.html

・呼吸方法

上記の中で様々なものを組み合わせ、応用して行っております。
矯正治療を受けられている方以外も、もちろん受けられます。
(303240円で行っております。)

今まで当院で取り組んできた矯正治療に更なる自信がついたのと、新しい知識を習得できる本当に有意義なセミナーでした。
1
日セミナーでしたがあっという間に時間がすぎ、たくさん学べた事に達成感と満足感がセミナー後も私を興奮させていました。
講師の船橋先生のお話しもすごく分かりやすく、説明の仕方も真似させてもらおうと思います。

実際はこれから教わった知識を皆様にお伝えすることで、本当の知識習得ですね。
貴重な時間に奈良までお越しいただいて、セミナーを開催してくださった船橋先生や、そういった時間をつくってくださった院長に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
とても楽しく勉強できましたし、スタッフ皆でレベルアップできましたので、これからは皆様にしっかりお伝え致します。

私達と一緒に、歯並びから身体全体の癖を改善して健康な人生を送りましょうね。

スマイルクリエーター 太渕亜弥

 


当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子供のマウスピース矯正~筋機能矯正装置(T4K)~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://122.200.242.48/cmt/mt-tb.cgi/4030

コメントする

このブログ記事について

このページは、miki-dental-staffが2014年10月 8日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誕生日パーティー♪」です。

次のブログ記事は「『歯とスポーツ』の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。